安全設計

 
スイッチによる手動停止からセンサー感知による自動停止など、いざという時の装置の動作を停止させる仕組みが充実。現場で働く方の安心・安全をサポートします。日常のメンテナンスで開閉されるドア部分には開閉センサーを2重に搭載、部品故障の万が一にも備えます。
下記の安全対策により、X線に関わる資格がなくても安心・安全にご利用いただけます。

X線について

 
X線とは

X線とは、赤外線、可視光線、紫外線などと同じ電磁波の仲間であり、波長が1pm - 10nm程度の電磁波のことです。
また、放射線の一種でもあり、発見者であるヴィルヘルム・レントゲンの名をとってレントゲン線と呼ばれる事もあります。
 

X線の性質

電磁波であり、空気中や物質の中を一定の波を打ちながら直進する。
波長が短いため、物質を透過する。
 > 密度が高いものは透過しにくい。
 > 厚みが厚いものは透過しにくい。
エネルギーが高いため、物質を透過する際に電離させる作用がある。
 > 人体のDNAに作用し悪影響を及ぼすことがあります。

X線検査装置では、検査部を厚い鉛や鉄板、および鉛やタングステン入り遮蔽カーテンで
囲うことにより、装置外にX線が漏洩しにくい構成を採用しています。

X線発生の仕組み

陰極フィラメントに電流を流して加熱しておき、陽極と陰極に高電圧をかけると、フィラメントから出てきたマイナスの熱電子は、高速で陽極にぶつかり、そこからX線が発生します。

電源が入っていなければ、X線は発生しません。
照射された物体に、X線が残留することはありません。

放射線の人体に与える影響

私たちは、普通に生活している場合に浴びる自然放射線と医療などを受ける際に浴びる人工放射線を受けています。
日本で平均的に1年間に浴びる放射線は、右表の通りです。

5.98 年間被ばく線量   (単位:mSv)

2.10 自然放射線

3.88 人工放射線

0.48 大気中から(ラドン、など)

0.99 食物から(カリウム、炭素、など)

0.33 大地から(ウラン、など)

0.21 宇宙から(宇宙線)

3.87 医療被ばく
   (レントゲン/CT検査、など)

0.01 その他

 被ばく線量の比較(早見表)

X線検査装置で使用されているX線は低出力であり、
適切な使用方法を遵守することにより、人体へ与える影響は少なくなっています。

安全にお使いいただくために

労働安全衛生法の電離放射線防止規則(通称:電離則)に基づきせ安全対策を実施しておりますが、ご利用の環境にてより安全にお使いいただくために以下の項目の実施をお願いいたします。
・管理者によるオペレータへのX線検査装置の注意事項の教育・伝達
・管理者によるオペレータのX線検査装置を用いた作業時間管理・記録
・定期的な漏洩X線量の計測・結果保管
・本体の改造の禁止
注意)機器を使用する事業者は、X線装置設置工事の30日前までに、その計画を管轄の労働基準監督署長へ届出する必要があります。

LinkIcon