X線検査装置の構成

 

1.装置稼働状態をお知らせします。
2.検査ソフトウエアを操作します。
3.緊急時にボタンを押すことにより、X線照射とコンベアベルトを停止します。
4.扉を開けて内部のメンテンナスを行います。
5.X線発生装置と制御PCが格納されています。
6.装置全体の電源オン/オフのためのスイッチです。
7.X線が照射されている際に点灯します。左右・前側の3方向に設置しています。
8.オンにしなければX線は照射されません。
9.一定時間遮断されると緊急停止します。
10.X線が漏洩するのを防止するためのカーテンです。
11.製品(検査物)を搬送するベルトです。
12.X線ラインセンサが格納されています。

LinkIcon

X線検査装置の仕組み

 

コンベヤベルト上の製品(検査物)は、X線発生装置から照射されるX線ビーム域を通過します。X線ラインセンサは、受光したX線を電気信号に変換します。
画像処理制御部は、得られた電気信号から2次元のX線透過画像を生成し、検査ソフトウェアを使用して製品内の異物を検出します。

LinkIcon

X線検査装置で検知できるもの

金属検査機で検知できる金属は勿論のこと、金属検査機では検知できない非金属(プラスチック、ガラス、ゴム、石、骨、貝殻、など)も異物として検知することが可能です。比重の大きいものの方が検知が容易となります。
一方で比重の小さいもの、軽くて小さいもの(ビニール、紙、羽虫、毛髪、など)は検知することが出来ません。

LinkIcon

X線検査装置による検査

 
X線検査装置は、製品(検査物)の透過X線による2次元画像から画像処理技術により各検査を行うため、異物検査だけでなく、数量検査、充填レベル検査、噛み込み検査、長さ検査、質量検査など複数の検査を同時に行うことが出来ます。
 

<異物検査>

製品に混入している異物(金属、非金属)を検出することができます。
異物として検知できるサイズは、製品及び異物の材質、形状によって異なってきますので、お気軽にお問い合わせください。
 

<数量検査>

 

製品の数量をカウントすることができます。
製品数の過少/過多を判別します。
 

<その他の検査>

充填レベル検査
 
製品の充填レベルを
検査することができます。
噛み込み検査
シールされた製品の噛み込みを
検査することができます。
長さ検査/質量検査
製品の画像データから
長さ/質量を推定し、
検査することができます。
LinkIcon